稲垣内科医院

改名の経緯

当院は長年「稲垣内科医院」として親しまれてきましたが、一昨年より、稲垣哲典が副院長として勤務することになりましたので、これを機に「稲垣医院」と改名することにいたしました。

稲垣哲典は、京都第一赤十字病院腎センター医長を勤め、日本泌尿器科学会専門医ならびに日本透析医学会専門医の認定を受けております。今後は、当院の特徴である漢方を組み合わせた内科に加えて、泌尿器科ならびに腎臓内科としての診療を行ってまいります。