当帰(とうき)

セリ科のトウキの根。貧血を治し、出血をとめ、体を温めて、滋潤を与え、月経を調え、鎮痛、鎮静の薬効があるとされる。