甘草(かんぞう)

中国産マメ科のカンゾウの根。急迫的な疼痛、痙攀、咳嗽などに用いて、これを緩和する効があり、また味が甘く、飲みにくい薬の矯味剤となり、他の薬の作用に協力する。なお甘草には肝臓の解毒作用を強化する作用がある。